和歌山 泉南 奈良の探偵社 興信所  浮気調査 素行調査 家出調査等

和歌山 泉南 奈良の探偵社 興信所 浮気調査 素行調査 家出調査等

和歌山県公安委員会届出第65130001号

メールでのお問い合わせはこちら

誠実・迅速・確実をモットーに調査活動に従事しています。

  • 料金の目安
  • Q&A
  • お客様の声

調査地域

【和歌山県】和歌山市・岩出市・新宮市・田辺市・橋本市・海南市・紀の川市・御坊市・有田市・有田郡有田川町・広川町・湯浅町・伊都郡かつらぎ町・九度山町・高野町・海草郡紀美野町・那智勝浦町・西牟婁郡上富田町・白浜町・すさみ町・東牟婁郡北山村・串本町・古座川町・太地町・日高郡印南町・日高川町・日高町・みなべ町・美浜町・由良
【大阪府南部】泉南市・阪南市・泉南郡熊取町・田尻町・岬町

その他の地域にも対応致します。
お気軽にお問い合わせください。

調査補助募集

 

失踪・家出人捜索

家出人の調査

家出人の調査

家出人とは、基本的に一時的な失踪で、1~3年までの失踪と考え、また、中学生や高校生などのいわゆる「プチ家出」、夫や妻の衝動的な家出などもこの分野に属しています。
家出の状況
警察庁が平成21年中に家出人捜索願を受理した家出人は、81, 6 44人で、前年に比べ3,095人(3.7%)減でした。このうち男性の家出人が占める割合が約63%、また全体で成人が占める割合は76%となっています。
実際に家出人捜索願が受理されている総数でこの数ですので、受理されていないもの、届出すら行っていないものを含めると、まだまだ数字は増えるでしょう。
また、各年代ともに家出人が増加傾向にあると発表されていますが、私どもが仕事を通じて、ここ数年感じますのは、女性の家出人、とりわけ30代40代の主婦の逃避行的家出が多いような気がします。


家出の原因

家出には必ず原因があり、それぞれの家出人には家出に至った理由や背景があるものです。私ども探偵社が家出調査にあたるとき、下記のように原因別に家出原因を区別します。

家出の原因

  • 家庭の問題(夫婦喧嘩・ドメスティックバイオレンス・親子喧嘩等)での家出
  • 異性が原因(駆け落ちなど)の家出
  • 学校での問題(いじめ・成績不振など)による家出
  • 仕事が起因(リストラ・横領などの事件絡み・重大ミスなど)する家出
  • 病気(精神科疾病や不治の病など)を気にしての家出
  • 借金(取立てからの逃避・心労など)からの家出
  • 事件絡みによる家出

その他、放浪癖や宗教に絡む問題での家出など、必ず何らかの原因があるものです。
その家出原因を踏まえ、家出人の年齢や生活背景、交友関係などを分析し、残された手掛かり(所持金の有無・手紙やメモ・持ち出した所持品など)を基に家出人の調査をすすめます。

家出した人に関する情報収集

家出した人に関する情報収集

家出人の残された手掛かりを基に、家出人の足取りを掴む事から調査が始まります。借金苦で夜逃げ同然に家出をしたなら引越業者への調査、現金の手持ちが少なく、キャッシュカードを使用しているなら、利用状況のチェック、住民票の移動の有無、各種移転手続きの確認というように、様々な角度から家出人の足取りを追います。

同時に、家出人の友人知人などに対する聞き込み、内偵調査をすすめ、家出に至る前触れ(相談・予告など)がなかったか、また、何かに悩んでいる様子はなかったかなど、情報収集に努めますが、ご依頼に際し、対象者の知人友人から事前に情報があるようでしたら、資料にしてご提示ください。

家出した人からの音信

情報収集する段階において、その前後に家出人から音信が来ることがあります。複数で家出失踪しているのなら音信がないこともありますが、単身で家出をしている場合など、不安感や安堵感から他人に気持ちを伝えたい衝動、または、自身への捜索状況の確認などといった理由で連絡をするのだと解釈されていますが、それが調査の突破口となる可能性も大いにあります。



家出調査の依頼にあたって

家出調査をご依頼するにあたっては、前項までに記しました、残された手掛かりなど、その時点で判明している情報を出来るだけ多くしてご提示ください。それが小さな情報でも大きく調査に役立つことはあります。
また、ご家族知人の方にも調査中にご協力を求める場合がありますので、出来る限り全面的なご協力をお願いいたします。


捜索願

家出人の捜索に際しては、警察署に捜索願を届出することにより、捜索の進展が見込める場合があります。ただ、これについては警察が積極的に捜してくれるといった性格のものではありませんので、その点はご理解ください。
手順は以下の通りですので、まずは届出をしましょう。

捜索願

  1. 1.届出を行える人(原則として)・家出人の保護者
    ・配偶者
    ・その他の親族
    ・家出人を現に監護している者
  2. 2.必要書類・家出人の写真
    ・印鑑
    ・書置きなどのコピー
    ・参考資料(知人友人のリスト、メールのやり取りのコピーなど)
  3. 3.届出先・保護者等の住所地を管轄する警察署
    ・家出人の家出時の住所地を管轄する警察署
    ・家出人が行方不明になった場所を管轄する警察署

届出した警察署が捜索願を受理しますと、「受理番号」が付きますので、必ず控えておいて、交付された書面をコピーしてください。銀行口座の異動の確認などで「受理番号」を使用する場合がありますので、大変役立つ場合があります。
その他、不明な点など、詳しい事は最寄りの警察署の生活安全課までお問い合わせ下さい。


家出人を発見した場合

家出人を発見した場合

家出人を発見したからといって、それで全てが終わるわけではありません。家出人からすると、自分が帰るところに、家出の原因そのものが依然として残っている場合、帰ることに意味がなくなってしまいます。
これでは再び家出をしてしまうことになりかねませんので、家出人の調査と同時に、家出人の家出原因の解決に努めてください。


失踪・家出人捜索の調査事例はこちら

失踪・家出人捜索の調査事例はこちら

メールはこちら



Copyright 2013 © All Rights Reserved by OfficeArimoto 和歌山・泉南・奈良の探偵・興信所